女の人

投資マンションを利用して副収入を得るには工夫が必要

記事一覧

低リスクが魅力の投資

マンション

マンション経営は低いリスクと安定した利益を得られることに加え、管理を管理会社に任せられることから人気の投資となっていますが、中古物件を購入する際には物件の修繕箇所をよくチェックしてから購入することが大切です。

詳細を読む

不動産投資を考える

模型とお金

様々な投資の中でマンション経営は元手がいらない投資として人気があります。購入するマンションを担保として借入を行うことができますので、元手が必要ありません。ただ、空室が生じた場合にはリスクが生じますので、その対策が重要になります。

詳細を読む

空室対策の要点

マンション

投資マンションの空室対策に試したいことの一点目は、海外の入居者を受け入れることです。近年では海外から留学または移住する方が増加しています。この状況を活用することが投資マンション空室対策の第一歩です。要点としては、契約の際に通訳を立てることでしょう。入居のルールや注意事項を事前にお伝えすることはとても大事ですが、言葉の壁があると上手くいかない場合があります。それを防ぐためにも、海外の入居者を受け入れる際には通訳を用意したいところです。続いて投資マンションの収益アップ方法として試したい点としては、家賃を下げるのではなく敷金や礼金を下げる方法です。入居者にとって、入居時にネックとなるのが初期費用ですね。入居者は家具など生活用品を揃えつつ、こういった敷金や礼金に目を向けなければなりません。そこで受け入れ側が敷金や礼金を下げることにより、入居者側の目には物件がより魅力的に映り、空室対策に繋がるのです。また、家賃を下げない理由としては、最終的な利益に影響するためです。もし最終的に物件を売却するということになれば、その金額は資産価値と収益の価値から決定されます。家賃を下げてしまうと収益の価値が落ちてしまい、最終的な売却の際に不利益となってしまうのです。上記の点以外で投資マンション収益アップの手段として、家賃の無料期間を設けることも試してみると良いでしょう。家賃を無料とする期間をフリーレント期間といいます。これは、複数の物件を検討している利用者に効果があるでしょう。他に、仲介業者へ謝礼金を出すという手段も有効かも知れません。空室対策として動かなければならない点はいくつかあります。どの方法も効果が表れない場合には物件そのものを見直す必要があります。投資マンションが空室の原因は是非とも突き止めたいですね。

賃貸物件の選び方

相談

マンション経営の対象となる物件には様々なものがありますが、どのような物件を選ぶかで収益が変わってきますので選び方が重要です。その場合には、リスクの少ない物件を選ぶことが重要であり、誰もが入居したがる物件がベストです。

詳細を読む